エラー

【このページは表示できません。】エラーを解決!パーマリンク変更

eraa-1

【このページは表示できません】

という表示(↓こんなの)や

eraa-1

【このWebサイトのセキュリティ証明には問題があります】

(↓こんな表示)などで、困っていませんか?

eraa-2

私は、自身のサイトを【https化】 

しようとしたら、上記のように表示されて

サイトにアクセスできません。

同じように悩んでいる方の参考になればと思い記しておきます。

なぜサイトが表示できなくなったのか

まずは、私がなぜサイトが表示できなくなったのかですが

サイトなどで見かけるURLの【http://▲▲▲】

【https://▲▲▲】にしようとしたら、

サイトが表示できなくなっちゃった(´;ω;`)

ということなんです。

 

そもそも、

なぜ【http://▲▲▲】から【https://▲▲▲】に

する必要があったのか・・・・。

 

以前は【http://▲▲▲】が支流でした。

 

しかし、気づいている方もいるとは思いますが

最近【https://▲▲▲】

という表記されているものを多く見かけます。

【http】と【https】はどう違うのでしょうか?

そして変更する理由はなぜでなのでしょうか?

【https】とはなにか?

そもそもhttpsとは

通信プロトコルなどを表すURIスキームの1つで、

WEBのデーター転送に用いられるhttpsが、

SSLやTLSで暗号化されている状態を表したものになります。

このことにより通信経路による盗聴や

改ざんを防ぐことになったり

第三者によるなりすましを制御したり

というブログの安全面や信頼の向上に関わっているものです。

ブログを管理する側からしても、

ブログを見る側からしても

「少しでも安全なネット環境」を考えるのであれば

できればhttpsにしたいと考えてしまいます。

【https】化されているページを具体的に説明

例えば、ブログや企業などhttps化されている

サイトのトップページのURLなどの他に

IDやパスワードを入力するというページや

問い合わせフォームなどの

個人の情報を入れるページにも用いられていることがよくあります。

これは、ブラウザとWEBサーバーの間を暗号化することで

利用する方の安全面が配慮されていると考えてよいのではないでしょうか?

 

ちなみにhttpsが用いられているURLを見ていただくと
カギマークがついていることが、確認できると思います。

saito-7

個人情報を入力するURLのほとんどが

httpsで始まっておりカギマークも確認できると思います。

ちなみにパソコンのカーソル(やじるし)を

カギマークのところに合わせると

【セキュリティ警告】という表示が確認できます。

 

逆にIDやパスワード、個人情報を入力する画面なのに

httpsで始まっていない、カギマークが見当たらない場合は

気を付けた方がよいと思います。

個人情報を入力するページで

「カギマーク」がかかっていないページは

危険かもしれません。

注意しましょう!!

ちなみにこのカギマークですが

httpsで始まるURLには必ずつきます。

カギマークはSSLやTSLが

ちゃんと暗号化されているかを示しています。

このことにより第三機関が、

「このサイトは暗号化されているのは間違いがない」

と証明されているということになります。

以前はhttpで始まるサイトの方が、

多かったのですが

最近では企業のサイトや一般のサイトなども

【https化】をしているところが多く見られます。

検索エンジンでも有名なグーグルエンジンなどでも

【https化】になっているので確認してみてください。

ブログやサイトをこれから立ち上げていこうと思っている方は
早い段階でのhttps化をおすすめします。

運営側も利用する側も少しでも安全でありたいものです。

*ちなみにアメブロやはてなブログ、ラインブログなどの

無料サーバーでブログを書いている人は関係ないと思いますので

スル―してくださいね。(すでにhttps化になっていると思います。)

時間を置いてもアクセスできない

さて、本題ですが当サイトも

httpからhttps化に変更しようとしたところ

「このページは表示されません」とのこと。


「数分待ってから、ページを最新の情報に更新してください。」

の表示はでているものの

5分ほどまってアクセスしてもも変わらず、

30分待っても変わらず、2時間たっても変わらす・・・。

全然、数分じゃないじゃん!!( ;∀;)

思わず、パソコンに大きめのツッコミを入れました。

実は、以前も別サイトを作っているときになったことを思いだしました。

でも、どうやって回避したか・・・

かなりのうる覚え・・・・・。

そして、今回もまた同じトラブルで焦ることになっています。(´;ω;`)

ちなみにサイトを閉じて

URLをいれてアクセスしようとしたら

警告ページに切り替わりパニックです。

eraa-4

下にある「このサイトの閲覧を続行する」をポチッとなと押しました。

このボタンを押すと、アクセスできるんじゃないかと

淡い期待!

しかしまた「無効なURLです。」の画面・・・。

反映待ちである可能性があるため
しばらく時間をおいてアクセスを・・・というガイダンス。

eraa-3
いや・・・十分、時間おきましたよ(´;ω;`)でも、ウンともスンとも言ってくれないじゃん!!

もう・・・泣きたい(´;ω;`)

回避できました!

実はこの

「プログラム設定の反映待ちである可能性があります。

しばらく時間を置いて再度アクセスをお試しください。」

という表示ですが、私の感覚の時間ではなかったことがわかりました。

「1~2時間、せめて半日まてば大丈夫だろう」

という感覚で、夕方から反映待ちしていて

次の日の昼ごろに試してみてダメでした。

(約20時間くらい待ってダメでした)

しかし、この時間というのは早く12時間以内に回避できる人もいれば

3~4日かかる人もいるようです。

ということで焦らず、待つことにしました。

そしたら、3日目にしてようやくサイトに繋がるようになりました。

ひとまず、3~4日、様子を見てみましょう!

日にちをおくことで、以外とすんなり回避できて

アクセスできた方は多いようです!

それでも回避できなかった方のために

中には・・・

「それでも回避できない」

「サイトに繋がらない」

「このページは表示できません」になる

という方もいると思います。

そんな方は、もしかしたら

cookieや閲覧履歴が原因の可能性があります。

 

cookieや閲覧履歴が原因でサイトに

うまくアクセスでいないかもしれないので

cookieの削除や閲覧履歴の削除を試してみてください。

cookieの削除や閲覧履歴の削除行うとすんなり

解決できることもあるようなので、お試しください。

 

cookieの削除と閲覧履歴の削除

 

*最後までお付き合いありがとうございました。

下記のSNSボタンを押して「いいね!」いただけると嬉しいです。